SSブログ
前の10件 | -

午後の診療開始時間が変わります。

20200613.jpg

院長です。

梅雨に入りジメジメと不快な時期となりました。
でも、雨は降らないと困ります。
今年は大きな自然災害はありませんように!と祈るばかりです。

さて、6月15日から午後の診療開始時間を15:00に早めます。
3か月程前から、新型コロナ対策で、感染症状の無いかかりつけ御高齢患者様用に
早めに開始しておりましたが、このまま一般や初診の方も15時からと致します。

新型コロナ関連の医療機関の動きとしては、
6月から県と契約すると一般の診療所や病院でも新型コロナのPCR検査や抗原検査が
出来るようになりました。
しかし当院は、今後もコロナ関連の検査は出来ませんので、ご了承ください。
というのも、検査をできる医療機関となるには条件がありまして、
# コロナ疑いの患者さんとの院内動線を分けれること。
# 診察室を分けること。
# 検査は既定の防護服体制をとること。などです。
当院は医師一人の小さな診療所なので、上記の条件はいずれもクリアできません。
ですので、
「コロナが心配。」「コロナではないのか。」「コロナ否定の診断書を書いてほしい。」
と来院されても、検査・診断できませんので困ってしまいます。
そのような方は、検査が可能な医療機関を受診して下さるようお願いいたします。

また、新型コロナに罹患するような心当たりがなくて、「風邪ひいたかな?」という
かぜ症状の方は事前にお電話いただきまして、
午前は11:00~11:45に
午後は17:00~17:45の間に受診して頂くようにお願い致します。
上記の診察時間は繰り返しますがコロナ発熱外来ではないので、
一般の方も受診されます。よろしくお願いいたします。

では、また。

風邪症状の方は来院前にお電話を。

20200507b.jpg20200507a.jpg

院長です。

連休も終わりましたが、予想通り非常事態宣言は継続となりました。
また、コロナを疑う基準も変わってきました。
息苦しさや、高熱で日数は問わないという事ですね。

当院では院内クラスター防止対策として、コロナの可能性もある方は、
当院駐車場で待機して頂き、私の方から防御の恰好で診察に行きます。
あるいは、ご希望であれば電話診察もさせて頂きます。。
受診前に電話でご確認お願い申し上げます。
小さな診療所なのでご理解下さい。

また、味覚・嗅覚障害は耳鼻咽喉科の専門領域です。
当院に相談されても採血で亜鉛を測定するくらいしかできません。
ご理解下さい。

では、また。

気は心のコロナ対策

20200416.jpg

院長です。

世間はコロナ問題で大変ですが、気候も結構トリッキーで喘息が悪くなる方も多いです。
そんな訳で、当院は「風邪症状の方はコロナの可能性があるから診ません。」とは言えません。
無症状の方も多いということで、スタッフの安全策は取らないと。
で、休日に院長頑張って飛沫防止フィルムを作りました!
あと、私も含め、ガウンとゴーグルを装着しています。ご了解ください。(^^;;
防護服なんて手に入りませんけど、何もしないよりはましかと。

診察では相変わらず、「コロナではないですか?」と心配される方が多いです。
でも、当院ではPCR検査できませんから診断つきません。
呼吸状態悪化やレントゲン検査でウィルス性肺炎像があれば保健所に依頼しますが、
今のところ幸い、そのような方は受診されてません。
本来そのような方は接触者センター(保健所)にまず連絡することになっていますから
直接医療機関に来られる事自体ルール違反ではあります。
しかし、たとえ保健所に連絡しても、ほぼ断るみたいです。
発熱していても「近医に行け。」と。検査しないからはっきりせずに皆不安になるし、
軽症患者が感染を広めるのだと思います。なのに、この1か月自粛要請だけで、
検査体制は進展なくほぼ無策。病院とは別の検査場所を作るべきだと思います。
何?この国の行政。。。笑っちゃう!

では、また。

タイヤ交換

20200311.jpg

院長です。

昨日は天気もよく暖かかったので、震災で亡くなられた方々のご冥福を祈りつつ、
スタッドレスタイヤから普通のラジアルタイヤに交換しました。
F1レースのタイヤ交換は2秒台のチームもありますが、私一人で1時間くらいかかりました(^^;;
車好きとしては、交換したあとの乗り味の変化が毎回の楽しみなのです。
柔らかーから、なめらかーな乗り味になり、ひそかに「むふふー」と訪問診療してきました。

コロナで大変な世の中になっていますが、季節はいつも通り移り変わりますね。
閉塞感の中にも、何か楽しみを見つけて、この難局を乗り切りましょーう!!

では、また。

浅はかでした!

20200306b.jpg

院長です。

前回、もっと広くコロナのPCR検査を行うべき!と私見を述べましたが、浅はかでした!
先ほど、医師会から情報FAXが来ました。

<PCR検査の基本的な考え方>
#検体の採取は周囲に感染を拡大させる危険があり、(飛沫が飛びますからね。)適切な感染予防策のもとでなければ実施できない。
#検査を行うには、コロナウイルス感染予防に適した防護服、ゴーグル、検査スペースが必要。しかし、防護服が足りない状況である。(中国にあげちゃったから??)
#検査を受託する検査機関および安全な検体搬送体制の整備が必要。
etc

以上、通知のほんの一部ですが、その通りでございます!
さすが!厚生労働省様!!
安易に検査してウイルスばらまいたら、それこそリアル・バイオハザードですよね。
特に当院のような小さな診療所では、検査をする隔離スペースもありません。
防護服を着てしまったら、他の診療が全く出来なくなるので、
今後も検査無理です!ゴメンナサイ。。。。

では、また。



 

コロナPCR検査が保険適応になりましたが。

20200306.jpg

院長です。

コロナ感染症が収束しない中、PCR検査が保険適応になりました。
しかし検査が出来るのは、相変わらず指定された医療機関(非公開)のみです。
当院を含め市内の一般医療機関では、コロナウイルスのPCR検査は出来ません。
新聞の切り抜きの写真ですが、(なぜか横になってしまいます。すみません。)
参考にしてください。
感染に気付いていない軽傷のクラスターを見つけて感染拡大を防ぐのであれば、
もっと広く検査を行うべきと思いますが、残念ながら現在できません。

当院には、現在のところ保健所に検査依頼をするような症状の患者さまは
受診されていませんが、今後は全国的に油断出来なくなる可能性あります。
早く収束するように、各自で冷静に行動して予防に努めましょう。

花粉症も、今年は飛散が少ないという割には、症状が重い方が来られます。
今年はマスクが一石二鳥ですね。

では、また。

コロナウィルス感染が心配な患者様へ

20200229b.jpg20200229a.jpg

院長です。

最近当院にも「コロナウイルス感染でしょうか?」と風邪症状で受診される方がチラホラいらっしゃいます。当院ではPCR検査は出来ませんし、診断も不可能です。そのような心当たりのある方は安易に受診せずに、まず国が定めた連絡先に相談をお願い致します。現在まだインフルエンザや感染性胃腸炎、溶連菌などの細菌感染症も流行期です。患者様が来られれば医療機関は診察致しますが、感染拡大防止のため、ルールに従って行動して頂くようによろしくお願い申し上げます。
横になってしまいましたが、写真の案内をご参考によろしくお願い申し上げます。

では、また。

大山参り

20200210.jpg

院長です。

先日の日曜日に大山様にお参りに行ってきました。
とても天気が良く、気持ちよかったです。
スギは怪しく黄色を帯びておりました!

今年は暖冬のため、スギ花粉飛散が早めです。
インフルエンザも少ないです。
去年の半分にも満たない発生状況です。

でも、これは暖冬のためだけではなく、新型コロナウイルスのためではないかと。
予防策として盛んにマスク着用と手洗いの励行が各メディアから発信されています。
これは他の感染症予防にもそのまま役立ちます。
それでインフルエンザ発症も少なめなのでは?

今後コロナウイルス感染が収束したとしても、(ますます拡大しそうですが。。。)
感染予防の習慣は継続したいものですね。

では、また。

本日から通常診療開始です。

20200104.jpg

院長です。

明けましておめでとうございます。
本日から診療開始しました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

では。

1年間お世話になりました。

20191228.jpg

院長です。

当院は本日午後から1月3日まで冬季休診を頂きます。
本年もあっという間の1年間でした。
当院の診療に関わっていただいた関係各位の皆様
1年間お世話になり有難うございました。
感謝いたします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は、ワンパターンになりつつある、本年と来年のアイテムです。
今年の手帳君、カレンダー君、どうもありがとう。

では、来年また。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。